猛暑が引き起こす体調不良

昔は、昼間の夏は暑くても、日が沈めば風が出てきて涼しくなり過ごしやすかったです。

しかし、近年の夏は、体温より高い気温が高く、湿度もあるので寝苦しい熱帯夜が続き寝苦しい夜を過ごし、回復の機会を与えてくれません。

夏に受けた体のダメージは、季節が変わるごとに不調になりやすくなり、また猛暑を迎え、回復しないままダメージを受ける為、負のスパイラルに陥ってしまいます。

猛暑によるダメージとは…

体温を超す外気温は、それ自体が体に大きなストレスを与えます。

夏の日中、外に出れば、高温多湿のサウナに入っている状態が続くため、体はそれに耐えるため緊張します。その緊張した部位の中でも、特に緊張している部位のリンパ液や血液の流れや神経の伝達などが悪くなり、硬く、冷たくなっていきます。

この状態が続くと、筋肉や内臓などが上手く働かない状態になってしまいます。

上手く働かない部位があると、そこをカバーするように他の部位が酷使され、上手く働かない部位以外にも不調が連鎖されてしまいます。

猛暑がきっかけで上手く機能しなくなった結果が病気や不調になってしまいます。

まとめ

異常な暑さが続くと体に悪影響なので、猛暑の中、外出して疲れを感じたら、涼しいところで体を休ませる事も大切です。

また、外は暑くて、体は緊張し血行も悪くなり、中は、エアコンで体は冷えて血行が悪くなりがちです。オイルマッサージで血行促進をしたり、湯船につかって体を温める事も大切かと思います。

高温、多湿で息苦しさも感じたりする夏ですが、体に気を付けて過ごしたいものですね。