早め、早めの夏バテ対策

今年は、遅い梅雨明けで長雨が続き、暑くない日も多いのかもと思いきや梅雨あけたら連日猛暑です。

こんなに暑いと、のど越しの良いサラッと食べれる素麺やアイスなどが欲しくなりますね。

 

夏バテとは

夏バテは、医学的な用語ではなく、高温多湿の日本の夏の暑さによる体調不良の総称を「夏バテ」と言うそうです。

夏バテの原因や症状も人それぞれ違います。

夏バテになると、食欲がなくなったり、体がだるかったり、やる気が出なかったりしますが、夏バテの原因として挙げられるのが、部屋と外との温度差、高温多湿、睡眠不足などです。

 

夏バテ原因:温度差・高温多湿

クーラーが効いた部屋にて、暑い外に出たり入ったりしていると、温度差で体力を消耗し夏バテの原因になります。また、クーラーが効きすぎた部屋にい続けても、それがストレスとなり自律神経の乱れにつながります。

 

夏バテ原因:高温多湿

日本は、湿度の高い国です。湿気が多いと汗の蒸発がしにくく、熱が体にこもってしまい上手く体温調節ができなくなるので、だるくなったり、消化機能の低下が起こりやすくなります。毎年、日本の夏は、体温を超えるような暑さです。暑いとどうしても喉越しの良い冷たい食べ物が欲しくなりますが、内臓が冷え、消化の働きが鈍くなることで食欲低下につながります。

 

夏バテ原因:睡眠不足

夏は、熱帯夜が続くと寝苦しく、なかなか眠れない、熟睡できないと言うことがしばし出てきます。

クーラー付けっぱなしは良くないと思い、部屋を冷やしてタイマーで切れるように寝るも、暑くて途中で目が覚めてしまうなんてこともあります。そうすると、十分な睡眠がとれなくて一日の疲れが取れないまま、日々の疲れがたまってしまい夏バテを引き起こします。十分な睡眠がとれないと、自律神経も乱れにつながります。

まとめ

夏バテにならないためには、規則正しい生活、バランスのとれた食事と睡眠が大切です。



 

夏バテ予防として
  • 体を充分休める。
  • ぬるめのお湯に浸かり血行を良くする。(クーラーで体が冷えている為)
  • マッサージをしたりして体の疲れをいやしてあげる。
  • 野菜・タンパク質(肉・魚・乳製品・大豆製品)をしっかり食べる。

 

暑いと、どうしてもさっぱりしたもの、のど越しの良いものを食べてしまい、あまり野菜やたんぱく質を摂らず炭水化物メインになりがちです。疲労回復を早めてくれる食べ物を意識して摂り、疲れを感じた時には、十分な休息をとりましょう。