手作りコチュジャン

唐辛子

韓国の調味料の一つコチュジャン。

コチュ=唐辛子、ジャン=味噌と言う意味です。

韓国でも地域により作り方や材料が多少ちがうようですが、日本にある材料で自宅でも簡単に作れるコチュジャンに挑戦してみました。

昔、白みそ(生きた麹の味噌)、本みりん、水あめ、唐辛子で 簡単なコチュジャンを作ったことがありますが、 今回の作り方はより本物に近い作り方だと思います。

色々調べると、豆麹を使うみたいですが、スーパーで手軽に手に入る米麹を使いました。

今回は、体によさそうだと思い玄米麹使いました。

仕上がりは、どうなのか現在進行形で経過観察中です。

コチュジャンのレシピ

材料

  • もち米 1.5合
  • 米麹 200g
  • 唐辛子粉(韓国産) 80g
  • 塩 大さじ 2

<作り方>

  1. もち米を柔らかく炊きます。
  2. 塩と麹と唐辛子をボールに入れて混ぜておきます。
  3. もち米が柔らかく炊きあがったら、粗熱をとってから2を混ぜます。
  4. 混ざったら、そのまま保温の状態で8時間ほど発酵させます。
  5. 温度が高くなりすぎるので、濡れ布巾をかけて蓋を開けた状態で発酵させます。時々かき混ぜてあげます。

※材料混ぜたら容器に入れて1年くらい発酵させるようですが、早く使いたいので炊飯器で保温状態にして発酵させました。最初、唐辛子の粉でもち米の水分吸い取られパサついた感じでしたが、発酵が少し進むと少し柔らかくなってくるので大丈夫です。

1週間ほどおいても麹が少し硬いので柔らかくなるまで発酵させています。1週間では唐辛子のとがった辛みがあるので、1か月ぐらい置いておくとまろやかさが出てくるかと思います。

追記:作って3週間ほど経ちましたが、麹がちょっとまだ固いです(汗)でも、火を通す汁物、炒め物に使うのであれば、柔らかくなります。最初よりは、甘みも出てきていい感じです。

暑くなる季節には、辛い物が食欲そそるので今から仕込んで、夏に、冷麺や炒め物、ビビンパに使うのも良いかと思います。