梅雨時の体のだるさにも理由があった

晴れていても湿気が多い梅雨の時期。

この時期になると、体が何となく重い、だるい、体のむくみが気になる、頭痛など不調を感じる人いると思います。

不調の原因

湿気の多さと気温の高さ

湿気が多くて暑いと上手く汗をかくことができず、体の外へ水分が排出されない為に体の中に水分が溜まります。

体の中に水分がたまった状態だと、冷えにつながります。

体が冷えると血液の流れが悪く、代謝が落ちます。汗が上手くかけなかったり、尿の排泄がしっかりできないのでむくみを招きやすくします。

気圧の低さ

天気が悪い日は、低気圧で、天気が良い日は高気圧です。

高気圧の晴れた日は、気分も体もスッキリした感じですごせる事が多いけど、低気圧の雨の日は、気分は憂鬱な感じで体もだるい感じだったり、頭痛がすると言う人もいると思います。これは、気圧と人間の体に関係あるからです。

気圧が低いときは、体にかかる圧が低くなるので高気圧の時より血液の流れが滞りやすくなるため、不調が表れやすくなると言われています。

どちらの原因でも、血液の流れが関係しています。

少しでも梅雨時の不調が、和らぐための対策が必要です。

対策

体のむくみを感じる人は、湯船やサウナで汗をかいたり、運動をして汗をかくと良いです。

雨が降ると頭痛がする人は、毎日の習慣として指で耳を軽くひっぱたり、揉んだり、耳の周りをさすったり軽く側頭部を指の腹でほぐすと血液やリンパの流れが促進されるので幾分痛みが和らぎます。

梅雨時は、気温も高めで冷たい飲み物、食べ物が欲しくなる季節ではありますが、冷たい食べ物は体を冷やし血流を悪くさせるので、飲みすぎ、食べすぎには注意が必要です。

服装に関しても、暑いと靴下を履かない事も多いかと思いますが、冷えの元になるので暑い季節ですが靴下を履くことをお勧めします。