オイルマッサージのタイプ

現在、オイルマッサージを提供しているお店は沢山あります。

オイルマッサージと言っても、○○オイルマッサージ、○○式マッサージといろいろあります。

特徴あるオイルマッサージを簡単にご紹介。

オイルを使ったマッサージ3種について

  • スウェディッシュ
  • アロマオイルマッサージ
  • ロミロミ

他にもバリニーズ、インド式エステ(オイルマッサージ)などあります。

上記は、特徴があるオイルマッサージかなって思います。

私目線ですが・・・

スウェディッシュマッサージ

スウェディッシュマッサージと聞くと、聞いたことがないと言う人もいると思います。

スウェディッシュマッサージ(クラシックマッサージ)は、 エステサロンで行うオイルトリートメントやスポーツマッサージ、ベビーマッサージなどは、西洋のマッサージのもとになっています。

約200年前に スウェーデン生まれのお医者さんによって確立されたと言われています。

少量のオイルで適度な摩擦(圧)を加えながら、筋肉をほぐし血流を促します。寒い北欧スウェーデンという寒い国で、いかに体を温めるかを追求したマッサージでもあります。

手技も110種類以上あり、多くのお店でオイルマッサージと呼ばれていマッサージの手技にはスウェディッシュマッサージの手技が入っています。

アロマオイルマッサージ

花や木などの植物から抽出した成分を使って行うマッサージで、アロマセラピーの一つです。

アロママッサージはアロマオイルの香りや成分を浸透させるために肌に直接つけて施術します。

オイルの成分が皮膚に浸透することで、心と体の緊張をほぐしたり、自律神経やホルモンバランスを整える働きにも良いと言われています。

※アロマオイルを使用する際、アーモンドオイルやホホバオイルなど(キャリアオイル)で希釈して使用します。

手技よりオイルの有効成分を利用した、ゆっくりした速さと優しいタッチのオイルマッサージ。 オイルは多め。

ロミロミ

ロミロミとは、ハワイ語で「揉む」「押す」「マッサージする」と言う意味です。

通常オイルマッサージは、下半身行ったら、上半身という流れが多いです。

ロミロミは、他のオイルマッサージと違うのは、手のひらや腕全体を使って背面全体を同時に行っていく感じです。上下(脚・背中)も、左右もリズムよく流れるように。

流れるようなオイルマッサージです。滑りが良くないと心地よさも半減する為、使用するオイルの量は多めです。肌に触れる面積の広い手のひらや腕を使い、 指先を多く使った点でのオイルマッサージの手技とは違う気持ち良さがあります。

当サロンのオイルマッサージにつて

私は、元々エステスクールでオイルマッサージを習得しました。

その後、色々なリラクゼーションサロンで働き、経験を積むごとに自分にはない手技を取り入れ、自分の技にしていったという経緯があります。

使用するオイルの量は、どちらかと言うと少な目です。

コリ具合を見て、指先、手のひら、腕を使ってオイルマッサージを行っていきます。

私の施術は、優しいタッチの手技も取り入れていますが、基本的に少し圧を加えた施術になります。撫でるような手技ばかりでは「コリ」はほぐれないので、痛気持ち良い力加減で筋肉をほぐし、リンパの流れる方向を意識しながらリンパ節に向かって流していきます。

ラクシュミーでのオイルマッサージの基本になります。

まとめ

オイルマッサージの基礎となるものがあり、時代とともに研究され、それぞれの国や地域で風土や伝統に合わせて発展してます。

オイルマッサージにも色々特徴があるので、自分の好みに合ったオイルマッサージを選ぶのも一つの方法です。

また、施術するセラピストやエスティシャンが違えば、同じ手順で同じオイルマッサージを行っても、全く違うオイルマッサージです。

当サロンのオイルマッサージを受けてみたいという方は、お気軽にお問い合わせください。