世界で一番気持ちが良いと言われるタイ古式マッサージ

タイ古式マッサージ

リラクゼーションサロンで受けられる施術は、もみほぐし、足ツボ、オイルマッサージなど色々あります。

その中でも、タイ古式マッサージは、指圧・マッサージ、ストレッチ、整体、矯正の5つが組み合わさったマッサージで、ゆっくりと時間をかけて足先から頭のてっぺんまで行う「極上のの癒し」です。

タイ古式マッサージについて

タイの伝統医学の歴史は2500年はあると言われ、更に元をたどると約5000年もの歴史があるとも言われています。

タイの伝統医学は、インドの医学と中国の漢方医学とタイ人の経験と学びが合わさり、タイの伝統医学の基礎が確立されたと考えられています。

タイ伝統療法には、薬草療法、栄養医学、マッサージ、霊的精神療法、ルーシーダットン(仙人のストレッチ)などがあります。

タイマッサージは、タイ伝統医学の総合医学の中に位置しマッサージ、ストレッチ、整体を中心とした運動療法の一つです。

※タイマッサージは、1970年以前の施術は、生活に密着した手技療法や、地域性や思想における解釈もあり、手技自体にも違いがあり、古式(伝統)マッサージと呼ばれています。1970年後半以降、タイマッサージは、タイ政府の規定と異なることもあるようです。

タイ古式マッサージの特徴

  • タイ伝統医学には2500年の歴史があり、タイの文化の中で培われてきたもの
  • 体に締め付けがない、ゆったりした綿素材の服を着て行う
  • 施術する人、受ける人の2人で行う
  • ストレッチを行うテクニックが200以上ある
  • 手のひらや指だけでなく、足、ひざ、ひじ、腕などを使い行う。
  • ゆっくりとしたリズムで行う
  • 経絡と似た「セン」と呼ばれるエネルギーラインを刺激する

タイ古式マッサージで期待できること

タイ古式マッサージは、施術を受ける側、行う側共に行う為「二人でするヨガ」とも言われていますが、様々な効果が期待できると言われています。

筋肉の柔軟性が増す

凝り固まった筋肉を、押したり、揉んだりして筋肉をほぐし、さらに、ストレッチでゆっくりと筋肉を伸ばしていきます。老廃物をながし、コリをとり去ることで、酸素や栄養素を取り入れやすくすることで、筋肉の柔軟性を取り戻します。

リラックス効果

私たちの体は、交感神経と副交感神経の2つの自律神経があります。自律神経は、血圧、体温、免疫、ホルモンなどをコントロールしています。体が、強いストレスを感じると交感神経が優位になり、体が緊張状態になり、筋肉の緊張、免疫力の低下、ホルモンバランスが崩れるなど体に表れてきます。しかし、マッサージやストレッチで筋肉のコリがほぐれてくると、緊張していた筋肉がゆるむことで精神的にも肉体的にもリラックスすることができます。

深く長い呼吸になる

タイ古式マッサージで行う、ストレッチは、動きが大きくゆっくり行う為、意識しなくてもゆっくりとした呼吸になります。ストレッチをする時は、吐く息が中心の長い複式呼吸になるため、副交感神経が優位になりリラックスすることができます。

歪み調整

私たちは、左右不対称の動作をすることがあります。例えば、テニス、ゴルフなどのスポーツや、足を組む、横すわり、猫背などです。これらの動作を続けていると、筋肉に緊張差ができることで、各関節に歪みが出てきてしまう事があります。

タイマッサージは、左右の筋肉を対照的にマッサージしたり、骨盤、股関節、仙腸関節などの矯正する動作がある為、体の左右前後のバランスがよくなり、神経や血管、リンパ管の圧迫が緩和され、腰痛、神経痛、血行障害などが解消されます。

最後に

タイ古式マッサージは、アクロバティックなストレッチをされて「痛そう」と思う人もいるかもしれませんが、ストレッチばかりの施術ではないです。(タイの北と南でも少違いがあるようです。施術者の学んだ学校によっても違うとおもいますが…)

マッサージで筋肉をほぐしてもらいながら、ストレッチが入るので、軽い運動をしている感じのタイ古式マッサージ。

普段、ストレッチをしていないと言う方には、少々痛いかもしれませんが、凝り固まっている筋肉をほぐすばかりではなく、縮んだ筋肉を伸ばして少し柔軟性を持たせることも老化、ケガの防止にもつながります。

ストレッチは自分でもできますが、自分では伸ばせない筋肉を伸ばしてもらえるので、たまに受けるのもおすすめです。