万能和製ハーブのよもぎについて

春は、よもぎの新芽が出てくる季節です。 なんとも言えない良い草の香りなので、好きな人もいると思います。

よもぎの産地

日本、朝鮮半島、など東アジアにみられます。

多年草のキク科。

1年中生えていますが、旬は、春。

川原、山、田んぼのあぜ道などに自生しています。

色々つかえる万能なハーブ

  • よもぎ餅やよもぎ団子
  • おひたしや天ぷら
  • お茶として
  • もぐさ(お灸に使われている)
  • 入浴剤
  • 下痢止め
  • 生の蓬をすりつぶして止血剤として

よもぎの効能

食べても、飲んでも、塗っても、浸かっても、燃やしても良いという万能な薬草の蓬は、食物繊維、カロテン、ビタミンB、C、E、K、葉酸、カルシウムやマグネシウムなど栄養が豊富です。

  • コレステロールを吸着し体外へ出す働きがあるため、コレステロール値を下げる効果。
  • 有害物質であるダイオキシン、水銀、鉛も体外へ排出してくれる作用がある。
  • 末梢血管を拡張し新陳代謝を高め造血作用がある。
  • 鉄分が含まれているため、貧血予防になる。
  • 食物繊維が豊富なため、便秘改善。
  • 有害物質を排出させる効果があるので、腸内環境を整えてくれる。
  • ビタミンAが豊富なので、粘膜、皮膚を健康維持
  • 体温上昇効果。お風呂に入れると湯冷めしにくい。
  • 殺菌効果。
  • ヨモギに含まれる精油成分のシオネールには神経の興奮を和らげ、睡眠を促す効果がある。
  • 婦人系
  • アトピー性皮膚炎
  • 冷え性に良い

普段の生活にも取りれられる、入浴剤の作り方をご紹介。

よもぎの入浴剤の作り方

1.川原や山などで蓬を沢山取ってきます。

新芽がでる3月~4月のGW前あたりまでにとると良いです。

新芽にはエネルギーが沢山あるので良いです。旬の物が一番美味しい時期でもあるのと同じで、若葉が良いです。

2.余分なごみをとり、汚れを綺麗に水で洗い、水を切ります。

3.洗ったよもぎをザルなど風通しのよいものに入れて、しっかり乾かします。

生乾きだとカビが発生してしまうので、しっかり乾燥させます。

4.お茶のパックに乾燥したよもぎを沢山詰めます。

お風呂に入れる時は、1つだと少ないので、2、3個入れると良いです。

ひと手間かけるのであれば、お茶パックに詰めたよもぎを鍋で煮て、よもぎの成分を出した物を、お風呂にいれると良いです。