冷えとコレステロールについて

*このブログは、以前アメブロで書いてたものです。現在、アメブロでの掲載はしておりません。

先日、「肩がこりすぎ頭痛がしてきて耐えられないから来た」と言う方がご来店されました。

そのお客様は、コレステロール値が高めのようでお薬を飲んでいて、そのお薬の副作用で血行が悪くなると言う事をおっしゃっていましたが、ちょっと気になったので、コレステロールと血行不良について関係があるのか少し勉強してみました。

そもそもコレステロールって何?

人間の体の中には、中性脂肪、コレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸の4つの脂質があります。

脂質と聞くと体に良くないと言うイメージがありますが、コレステロールは、血液だけでなく、 脳、内臓、筋肉など全身に、分布していて、細胞膜やホルモンや胆汁酸を作る材料で、必要な物質です。

コレステロールの値は、高すぎても、低すぎても病気になるリスクが高くなります。

コレステロールが高いと動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞など、コレステロールが低いすぎると、精神的に不安定になったり、免疫力が低下すると言われています。

コレステロール値は、太いか高い、細いから低いとは限りません。見た目とは違う場合もあるので、標準体重であったとしても大丈夫と言うことはありません。

動脈硬化とは

動脈硬化は、名前の通り、血管が硬くなることです。

健康な血管であれば、弾力があり柔軟です。

動脈硬化は、加齢と生活習慣が関係していると言われています。

何らかの原因で血管が傷つけられたところに、悪玉コレステロールが血管壁付きに、粥状の柔らかい物質(プラーク)から血栓になり、血管が狭くなり詰まりやすくなることです。

動脈硬化のサイン

脚に筋肉痛の様な痛みやだるさ、足の冷え(左右に温度差がる。)胸が痛い、めまいがするなど

コレステロール値を下げるには

食事改善、運動、禁煙・禁酒が大切です。

食べると良いものは、野菜、青魚(鯖、アジ、イワシなど)、大豆製品(大豆、納豆、豆腐など)など血液をサラサラにしてくれる食べ物がよいです。お菓子などの甘い物、バターなどの動物性の飽和脂肪酸を含んだものは控えるとよいです。

運動は、ウォーキングの様な毎日続けられるものをする。太っている人は、コレステロール値が高くなりがちなので無理なくつづけられる運動をするとよいです。

タバコ・アルコールは、コレステロール値を上げる要因と言われているので、禁煙・禁酒にするとよいです。

まとめ

コレステロールが体に溜まっても、初期症状や自覚症状がすぐ現れず、気づいたときには結構悪くなっていたと言うことがよくあるようです。

足の冷えや痛みを感じるようななので、少しでも体の異変を感じたら病院で検査をしてもらうことをお勧めします。動脈硬化の検査は、循環器系で見てもらうと良いみたいです。

また、血管の硬さを調べる事ができるようなので、健康診断の時に追加で調べてもらうのも良いと思います。

ただの冷え症と思っていたら、怖い病気が潜んでいることもあるので、冷えは怖いですね。

*お薬を飲まれている方、持病をお持ちの方は、お医者さんに許可をもらってからご予約お願い致します。