初チャレンジ!魚醤を作ってみた

魚醤は、魚を発酵させてできた調味料です。

秋田県や石川県では馴染みのある調味料だとか。

タイだと「ナンプラー」、ベトナムだと「ヌックマム」の事です。

まだ作ったことが無いのですが、調べたら家でも作れるようです。

魚醤って何に使うのかよく分からないですが、チャーハンや焼きそばとか汁物に使うと良い味みたいです。

たぶん、キムチ作る時にも使えると思います。

用意する物

  • 保存しておく蓋つき容器
  • ホワイトリカー(消毒用)
  • ラップ

保存容器を、熱湯消毒して乾かしてから、ホワイトリカーで消毒しておきます。

材料

魚の内臓を使わない作り方です。

今回は、スーパーで1パック100円で売ってた物を2パック使用。

内臓と頭を取ったら約580gでした。

用意する材料は、多くないです。

  • 魚(イワシやアジ)
  • 塩(魚の重さの20%~25%)
  • 米麹 塩の半分位

※内臓を使う時は、内臓に含まれる酵素で発酵するので、麹はいらないみたいです。

作り方

  1. 塩と米麹をしっかり混ぜ合わせておきます。
  2. 次に魚の下処理をします。
  3. ウロコ、頭、内臓を取り除きます。
  4. 軽く水分をキッチンペーパーで拭いておきます。
  5. イワシの大きさによりますが、3㎝ほどのぶつ切りにしておきます。
  6. 魚と1をしっかり混ぜ合わせます。
  7. 容器に敷き詰めていきます。
  8. 敷き詰めたら、ラップで空気に触れないよう蓋します。その後、容器の蓋を軽くしめます。
  9. 日のあたらない場所で、常温で1年保存します
  10. 1年経ったら、キッチンペーパーやコーヒーフィルターで濾したら出来上がり。

※蓋は、完全に閉めてしまうとガスが発生して爆発するので、定期的にふたを開けてガスを抜いてあげてください。

最後に

初めて作るので、どうなるのか分かりませんが、出来上がりが楽しみです。

発酵に最低1年で、本当は3年ぐらい発酵させると良いみたいです。

内臓を入れて作るのが普通みたいですけど、初心者には麹を使った作り方が作りやすいのと、内臓入れた場合強烈に臭いみたいです。

クサヤとかシュートレミングとかそういう感じの臭いなのかな?どちらも、食べたことが無いので臭いが分からないですけど・・・

骨も取って、三枚おろしにした状態で、塩漬けにするとアンチョビができるようです。アンチョビ作ってみたい人は、ネットで作り方調べてみてください。

進展あれば、追記していきます。