岐阜県各務原市 リラクゼーションサロン ラクシュミー

予約制(当日予約OK・土日営業)、お一人様サロン(プライベートサロン)、女性専用リラクゼーションサロン

オイルマッサージ、リンパマッサージ、もみほぐし、頭皮マッサージ(ヘッドマッサージ)、頭皮かっさ、フェイシャルを行っております。

<こんなお悩みの方に>

肩こり、首コリ、背中の張り、腰の張り、頭が重い、肩こり・目の疲れから来る頭痛がある方、眼精疲労、疲れがたまっている方、脚の疲れ、脚のむくみが気になる方、冷えが気になる方・眠りが浅い方・・・etc

=================================

お味噌を家で作った事がありますか?

1年半位前に漬けた味噌がいい感じにできています。

先月から使い始めていますが、カビも生えず綺麗に仕上がっています。

 

お味噌は、冬に仕込んで早いと半年後ぐらいから食べれるけど、夏を越したお味噌は発酵が進んで美味しくなるというので、やはり、一年後ぐらいからが良いかと思います。

私が、初めて作ったのは5年、6年前位だと思います。味噌は、麹菌が生きている物が良いと聞いてスーパー行ったけど、なかなか売っていなし、売っていても少量でとても高かったので、調べたら家でも簡単に作れる感じだったのでチャレンジしたのがきっかけです。

 

材料は、いたってシンプルです。

大豆、塩、米麹、水

※麹は、米麹、麦麹、豆麹とありますが、手軽に手に入るのは米麹です。

そこそこ、産地などにこだわると、お取り寄せで買った方は安くつくことも・・・

でも、作る楽しさと自分で材料買って作っているので安心はあります。

 

作り方

  1. 大豆を水に18時間以上つけておく。
  2. 大豆の重さに対して3倍の水に漬け込み、漬け込んだお水ごと大豆を茹でる。
  3. 大豆を茹でている間に、塩と米麹をしっかり混ぜておく。この時一部塩を残しておく。
  4. 親指と小指で大豆が潰れる位柔らかく茹でる。
  5. 茹で上がった大豆をザルにあけ、多いなボールやタライに入れて潰す。
  6. 大体潰れたら、塩と麹を混ぜたのを加えて、まぜる。
  7. 大体まぜこめれたら、大きめの団子を作って用意しておいた容器に隙間ができないよう詰めていく。
  8. 最後、残しておいた塩をまぶす。ホワイトリカーで消毒したキッチンペーパーで蓋してラップでも蓋して、最後新聞紙でホコリが入らないように蓋をする。
  9. 冷暗所で1年位放置。

大豆と麹を混ぜるときに、ゆで汁を少し足して柔らかくすると書いてあるレシピがありますが、これをしたらカビ生えたので私は、ゆで汁を足すやり方はしていません。しっかり、大豆にお水を吸わせれば大丈夫です。

簡単なので、今年の冬チャレンジしてみてください。

今の時期だと、少し遅いかもしれませんが、豆板醤ですね。

本場の材料と若干違うようですが、そら豆、米麹、塩、唐辛子で作れるようです。

チャレンジしようと思ったら、肝心の唐辛子が足りなくて諦めたのですが、自家製の豆板醤をいつか作ってみたいです。