自家製豆板醤作ってみた

一年程ブログ更新しておりませんでした汗

最近、添加物が怖いって言うのを改めて思いまして、調味料位は良い物をと思って調べていたら、手作りで、豆板醤が作れると言うのを見てチャレンジしてみました。

たまたまスーパーに生のそら豆売っていたと言うのもあってですが・・・汗

豆板醤のレシピ

味噌の材料と似ていて、味噌は、大豆を使いますが、豆板醤は、そら豆を使います。

今回は、生のそら豆が手に入ったので生を茹でて使用しましたが、乾燥のそら豆でも作れます。

材料

●そら豆(生)さやから外した物 100g

A 米麹 10g

A 粉唐辛子 25g

A 天然塩(天日塩)15g

※唐辛子は、一味唐辛子粉と韓国種の粉唐辛子を半分づつ混ぜて作りました。

作り方

  1. さやからそら豆をだし、黒い所に切れ目を少し入れます。
  2. 蒸し器で5分ぐらい蒸します。
  3. 蒸し上がったら、皮を取り除き、熱いうちにつぶします。
  4. つぶすとき、ビニール袋に入れてつぶすと楽にできます。
  5. Aの材料を混ぜます。混ぜる時、使い捨ての手袋やスプーンなどの道具を使って混ぜてください。唐辛子を直接触ると熱く感じたり、痛くなって大変な事になるので・・・
  6. 潰したそら豆と5を混ぜます。この時、水分が足りないようでしたら、小さじ1~3のゆで汁か水を加えます。カビが生えやすくなるかと思い、私は、水加えず作りました。
  7. 消毒した瓶に詰めて最低3ヶ月冷暗所で保管します。半年ぐらいからが美味しいみたいです。

まだ、作って3ヶ月も経っていないので、麹の粒は残っていますが、柔らかくなっているので発酵が進んでいると思います。