スタミナ食材のニラ

早く調理しないと痛みが早いニラですが、にんにくの代わりになってくれる事もある野菜です。

ニラの産地

1年中スーパーで見かけ、季節問わず買える食材ニラ。

万葉集や古事記にも出てくる位古くから知られている野菜です。

日本で一番の生産地は高知県。

ニラは、ネギ科ネギ属

ニラの旬は、春。

春に採れるニラは、葉が柔く、香りも強いです。

春に刈った後、夏、秋と1株で3回採れ、最初の春が一番柔らかいです。

ニラの選び方

  • 色の濃い葉
  • 切り口が新鮮
  • 折れがなくピンとの伸びたもの
  • みずみずしい物

保存の仕方

新聞紙に包んでビニール袋に入れて保存します。

この時、葉が折れないように包みます。

鮮度が落ちると、香りも弱くなるので、早く食べるようにします。

食べやすい長さに切って小分けにして冷凍保存もできますが、冷凍をするとシャキシャキ感がなので、凍ったままスープや卵に入れて焼くとかすると良いです。

ニラの栄養素と効果

ニラの栄養は、βカロテン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、リン、鉄、セレンなど含まれており栄養豊富です。

ニラの栄養素の代表

ニラといえば、ニンニクのような香り。

ニラの香り成分は、硫化アリルの一種であるアリシンです。

アリシンは、消化酵素の分泌を促し、エネルギー代謝を活発にします。

ビタミンB1の吸収をよくし、免疫機能を高め、疲労回復にも役立ちます。また、ウィルスなどが体の中に侵入するのを防いだり、血液をサラサラ効果や血行が良くなることで、冷え性にも効果があります。

組み合わせると良い食材

豚肉、レバー、卵、豆などビタミンB1やB2を多く含む食材と組み合わせると良いです。

餃子、レバニラ炒め、ニラ玉、ニラ入納豆、ニラ入のタレなど。。。

ニラに含まれるアリシンとの相乗効果で疲労回復UPです。また、油と一緒に撮ることでβカロテンの吸収を高めてくれます。ビタミンCは、熱に弱いので、火を使う調理は短時間もしくは、余熱調理で行うと栄養素の損失を防げます。

最後に

ニラは、匂いがニンニク臭なので、仕事柄気になる方もいるかもしれませんが栄養豊富な食材です。女性は、冷え性の人が多いので、血流改善のためにも積極的に摂りたい食材の一つですね。