意外と乾燥している夏場のお肌

梅雨から夏にかけて、日本の気候は、高温多湿で、じめっとした夏です。

冬と違い、肌がべたつきがちなので、乾燥している事に気が付きにくいですが、暑くなる季節の夏場も意外と肌が乾燥していることがあります。

夏場の乾燥原因

夏の乾燥原因も色々あります。

紫外線

紫外線は、昔より近年強くなっていると言われています。

沢山浴びると老化や乾燥につながります。

紫外線を浴びすぎると、バリア機能が低下し、肌を守ろうとする機能が働き角質が分厚くる事で、化粧水や美容液の浸透が悪くなり、より乾燥を招いてしまいます。

汗による水分流出

人間は、暑いと汗をかきます。

高くなった体温を汗を出す事で、体温下げ調節をしています。

適度な汗は良いですが、猛暑、酷暑では大量の汗をかきます。肌に必要な成分も汗とともに出ていってしまうので、肌の水分はカラカラ状態になってしまいます。また、汗をかく回数が多くなると、肌表面の水分も奪われやすくなり乾燥しやすくなります。

冷房による乾燥

エアコンの冷房使用する時、部屋の空気を取り込み、温度を変化させてから外に排出仕組みになっています。この時、空気中の水分を吐き出す事になるので、冷房でも空気が乾燥する事で肌の乾燥につながります。

冷えによる乾燥

夏の冷えは気付きにくい人もいますが、1日中冷房の効いた部屋で過ごしている時間が長かったり、夏はシャワーで簡単に済ませてしまう事も多いと思います。体の中が冷える事で血行不良が乾燥を招く事も。

肌の油分不足

夏のお肌のお手入れで、化粧水や美容液は塗っても、乳液やクリームはべたつくから付けない人や、べたつきが気になるからと1日に何度も洗顔する人もいると思います。

夏の肌は、べたつき感があるから、乾燥していないと勘違いしがちですが、化粧水や美容液を塗っただけでは、水分が逃げていくし、洗顔のし過ぎは必要な皮脂までも取り除いてしまいます。

夏のスキンケアの見直し

紫外線対策

肌へのダメージを減らすために、紫外線対策を徹底する。

UVクリームを塗ったり、日傘やサングラスで紫外線を防ぐ事も大切です。

UVクリームは、日常生活では、SPF30やPA+++でもよいですが、長時間屋外にいる時は、SPF50やPA+++++の数値が高い物を使用すると良いです。SPFやPAの数値が高いほど紫外線カットの効果が高いと言われていますが、汗でながれやすくなるので、数時間おきに塗りなおす必要があります。

こまめに汗を拭く

肌に汗が付いたままだと、汗が蒸発する時、一緒に肌の水分も蒸発してしまうので、汗をかいたらこまめにふき取るようにする。

ティッシュやハンカチなどを持っていると良いと思います。

適度な湿度と温度

冷房を入れていると、空気が乾燥してくるので空気が乾燥しすぎないよう適度な湿度も大切なので、コップに水を入れて置いておくや濡れたタオルをかけておくなどして、乾燥しすぎを防ぐ事も大切です。

また、冷房を入れていると体が冷えやすくなるので、「首」が付く部位「首」、「腰首(ウエスト)」、「手首」、「足首」を冷やさないよう、靴下をはいたり、薄手の上着を着る、腹巻をするなどして冷え予防が大切です。

肌へ油分の補給

夏は、肌がべたつきがちで、乾燥していないと勘違いしてお手入れも手薄になりがちです。

化粧水、美容液の後は、忘れずに油分が含まれている、乳液やクリームで蓋をしてください。

夏場は、汗をかく度シャワーを浴びるという方も見えるかもしれませんが、冬場より体を湯や水で流す機会も多いと思います。シャワーの度石鹸使っていては、必要な皮脂まで取り除いて乾燥をより招いてしまいます。

顔だけでなく、体も乾燥している人が多いので、体がべたつくからクリームは塗りたくない人もいるかもしれませんが、夏向きのローションタイプの軽い物だとべたつき感がなくおすすめです。

最後に

若いころは、皮脂も多く夏場は、クリーム付けるとすごくべたつきが気になっていましたが、年を重ねると皮脂の分泌も低下してくるので、べたつきも昔に比べたら軽く、年中乾燥が気になっています汗

季節問わず、週3~4日は、クリームパックやローションパックをしております。去年あたりからは、夏でも脚やお腹の乾燥が酷くクリームを塗るようになりました汗

夏の肌の影響は、秋ごろから出てくるので、保湿、シミ予防して乗り切りたいと思います。