女性も悩む薄毛

若いころは、ヘアスタイルは気にしても、薄毛に悩む人は少ないと思います。

年を重ねると昔より毛量が減ってきたり、毛が細くなってきたと感じる人は多いと思います。

薄毛が気になりだす年齢が、男女共に40前後だそうです。(※個人差はあります)

薄毛の原因

男性の薄毛症状は、「男性型脱毛症」と言われるもので、「DHT」と呼ばれる悪玉男性ホルモンが働いていると言う事が分かっているようです。

女性の場合は、閉経に近づくにつれて、女性ホルモン量の減少と生活習慣が複雑に絡み合っている事が多いです。

薄毛になる前の髪や頭皮のサイン

薄毛と言うと、頭頂部や前頭部から徐々に薄くなるイメージが多いですが、女性の場合は、全体的に薄くなってくることが多いです。

髪の毛全体が細くなる

ストレスやホルモンの減少や食生活などが原因で薄毛に。

頭皮が硬い

頭皮が硬いと血行が悪い状態です。血行不良は、毛根へ栄養が届きにくくなるので、髪に張りやコシがなくなるだけでなく、髪が抜けやすくなり薄毛につながります。

頭皮のトラブルが出てくる

フケや、頭皮のべたつきが気になる。

頭皮のべたつきは、毛穴を詰まらせる原因になります。

また、頭皮に赤味がある時は、薄毛の原因になる炎症を起こしている事があります。

薄毛、抜け毛の原因

ストレス

ストレスを感じると、ホルモンバランスや自律神経が乱れ血行が悪くなります。

血行が悪いと、本来行き渡る栄養が毛根に栄養がしっかり届かず、脱毛をおこしやすくなります。

女性ホルモンの減少

女性ホルモンには、髪の毛のサイクルを整えたり、髪の健康を保つ働きがあります。

女性は、閉経が近づくにつれて女性ホルモンが減少していきます。

髪の毛の健康を保つために、女性ホルモンと似た働きがあると言われる「大豆イソフラボン」が含む大豆食品を積極的に摂るようにするとよいです。

薄毛の予防

  • ストレスを減らす
  • 過度なダイエットは控える(栄養不足で髪に栄養が行き届かず、成長途中で抜け落ちる事も)
  • バランスのとれた食事(髪は、タンパク質でできているので、良質なたんぱく質を摂取し新陳代謝を高めるビタミン類をバランスよく摂る)
  • 髪を洗いすぎない。(頭皮を傷つけないよう優しく洗い、雑菌を増殖させない為にも濡れたままにしておかない。)

最後に

健康な人は、1つの毛穴に2~3本毛がはえてくると言われています。薄毛になってくると、一つの毛穴に1本しかはえなくなりボリュームがなくなってきます。髪のボリュームがないと、老けて見えがちです。

女性の薄毛は、女性ホルモンの減少によるものと生活習慣が関係しています。女性ホルモンの減少は、防ぐことはできませんが遅らせることは出来るので、普段の食事や生活習慣を見直すことで、進行を遅らせる事は可能です。

年齢を重ねてくると、髪にボリュームが有るだけで若くみえるので、頭皮のケアも大切です。